僕たちが写真を好きな理由

僕たちはどうしてこんなに写真が好きなんだろうか?
思い通りの写真が撮れても、意外な写真が撮れても、この上なく嬉しい。
美しくても、美しくなくても、自分の子どものように愛おしい。

「もう会えないような素敵な光景を切り取って、またいつでも観ることが出来る」
ここの写真撮影の醍醐味があると思う。
また、機材によって、技術によって様々な変化があるのも素敵なところだ。

今日は僕の好きな写真の撮り方を紹介したいです。
「技術」というレベルのものではないので、がっかりしないでくださいね。
ただどんな写真を見るのが好きかということです♪(^^)

1、毎日の雲の動きを撮る

f:id:fumihiro1192:20141215211435j:plain

f:id:fumihiro1192:20141215212636j:plain

なんでもない光景ですが、僕は「雲」が大好きです。
だって絶対にもう二度と再現出来ませんからね~これすごくないですか?
今、撮影した写真は世界に一枚しかないんですよ。

中でも「雲」は、とっても神々しくて壮大で美しいです。
動きのあるもの、ないもの、白いもの、黒いもの、モクモクしているの・・・とか
絶対に飽きることない被写体です。

2、人間をアップで撮る!

f:id:fumihiro1192:20141215212307j:plain

親戚のおばさんに「近い!下がれ!」と、怒られたことがありますが・・・(笑)
僕は人物に接近して撮影するのが大好き。
だって、表情がしっかり写真に映えるもんね~

最低このくらい!
(隣は欧文印刷の汲田さん・・・ブログ掲載は許可貰ってます)
遠くなると風景になっちゃうんですよね。

3、色鮮やかなものを撮る!

f:id:fumihiro1192:20141129130609j:plain

f:id:fumihiro1192:20141129221219j:plain

 

色鮮やかなものに心惹かれます。生きていてよかった~と思いません?
紅葉の赤色、イチョウの黄色、芝生の緑、海と空の青・・・
最高です。この美しさを切り取っておきたいんですよね(^^)

 

こんな理由で僕は写真が大好きです。写真が好きだとカメラが好きになります。
カメラが好きになると、撮影技術を磨きたくなります。
技術を磨くとライバルと友達が出現します。そうですよね♪