私が初めてカードキャッシングをしたのは22歳の冬でした。


彼氏にクリスマスプレゼントを買うためです。


当時の彼氏は26歳、頭がよくカッコよくて、私がゾッコンでした。


そんな彼に

「見合ったものをプレゼントしたい!」


当時、契約社員で働いていましたが手取りは16万円程度。


おしゃれしたい盛りで、実家暮らしでしたが貯金はなく実家にもお金を入れていない、どら娘でした…。


そんな金銭管理のできないわたしが、カードキャッシングを利用するとどんな事になるのか。


まず、某有名ハイブランドの腕時計に目を付けました、今時の若者でも身につけられるようなハイブランドです。


腕時計は税込で12万円程…。
無理ではない金額ですが、貯金もなく、保有しているカード当時二枚もほぼ限度額に達するところでした。


「この12万円をどう工面するか…。」
数日悩みました、クリスマスまではあと1ヶ月。


あるとき、ショッピングサイトをみていると、クレジットカードにキャッシング枠が付いているカードを見つけました。


「今なら5000ポイントもついていると…」
もうこのカードをつくるしかないと、即カード発行の手続きに入りました。


数週間後、カードの審査が無事に通り、キャッシング枠も無事についていました。


その額20万円。

キャッシング専用のカードをお持ちの方には少ないと感じられると思いますが、当時の私には十分でした。


コンビニATMで借り入れ可能という魔法のような言葉。


ほんとうに借り入れ可能なのか当日まで半信半疑でした。

目を付けている腕時計の在庫があるかどうか確認をしてからATMへ。


カードを入れると ”お借入”の文字。


希望金額12万を入れる機械音と共にいとも簡単にお札が出てきました。


そのお札を手に、初めてのハイブランドで買い物。

満足感が7割に、こんな稼いでいないお金でプレゼントなんて…という気持ちが3割でした。


自転車操業にならないように、そのカードは部屋の引き出しにしまいこむつもりでした。


返済はリボルビング式で月に1万円。

利息がつくので大体1万2千円ほどでした。


結局は他のショッピングカードも限度額ギリギリのリボ払いだったので、利息を合わせると3万8千円くらいは支払いでした。


それプラス一括払いとかもあったので月5万円はカードに払っていたのかな…。


キャッシングについては、引き出しにしまい込むつもりが、毎月のように足りない分を借りてしまっていたので、たったの20万円の枠でしたが、借りては返してを繰り返し、完済まで丸4年程かかりました。


何百万ものお金をとめどなく借りるような事にならず良かったです。


少額のキャッシング枠であれば、本当にピンチの時の切り札として利用することができるので、私は便利だなと感じます。


完済まで丸4年かかりましたが、そのカードはまだハサミを入れずとってあります。


節度を守れば大変便利に使えると思います。