アメリカの男性パルから届いた手紙に

「日本とアメリカの友情切手を見つけたから」と

書かれていた。

彼の切手に貼ってあった切手が上。

下は日本の切手で「米国への桜寄贈100周年」切手。

彼への手紙に私も貼って出そうと思う。

アメリカのパルたちは、

というよりも私のほとんどのパルたちは切手に無頓着で

クリスマスのリース切手をアメリカのパルたちは年中貼っているし、

オランダのパルもドイツのパルもよく見る普通切手が

ペタンと手紙に貼ってある。

アメリカの男性パルとフィンランドの4年の付き合いになるパル、

ほかには誰がいたっけ?というほどに切手に関心のあるパルは少ない。

でも、私は記念切手を毎回貼って出している。

文化や季節が小さい枠の中に納まっているって、

とっても素敵だと思うんだけれど。


にほんブログ村