子どものころは骨の髄まで日本を憎んでいたけど、大人になってからはまったく逆になった―中国ネット


2014年4月15日、尖閣諸島問題や歴史認識問題などにより、政治的に緊張状態が続く日中関係だが、インターネット上ではスポーツや日本の環境に対する 取り組みをほめたたえたり、「釣魚島(尖閣諸島)問題は政治家の問題で一般市民には関係ない」とのコメントが書き込まれるなど、民間交流を政治と切り離し て考える傾向も見られる。

そのようななか、中国のインターネット掲示板に「子どものころは骨の髄まで日本を憎んでいたけど、大人になってからはまったく逆になった。みんなもそうじゃない?」と書き込まれ、これに対して多くのネットユーザーがコメントを残している。以下は代表的なコメント。

「私は違う。これまで日本を憎んだことはない」
「子どものころは日本について何も知らなかった」
「初めは日本に対して何の印象もなかった。今はだんだん良くなっている。逆にはなっていない」

「昔はそんなときもあったな。今は日本が好きになった」
「おそらくそうだろう。理解すればするほど、ものの見方は変わっていく」
「私は日本を憎んでいたが、歴史を勉強すればするほど目が覚めてきて、日本文化が好きになった」

「日本の文化は好き、日本の政治家は嫌い」
「子どものころから中日友好を考えていた」
「6~7歳のころに日本を知った。抗日ドラマを見て、日本人はみんな日本の軍人のように悪いやつだと思っていた」

「私はまずウルトラマンを見て、日本のドラマを見て、日本のアニメを見て、日本文化を知って、好きになった」
「小さいときは日本を憎んだことがあるが、3年生くらいから憎まなくなった。なぜならアニメのなかから日本は素晴らしいことを発見したから」
「日本の文化侵略が功を奏していることを証明している!でも、やっぱり日本が好きなんだな」

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140416-00000012-rcdc-cn


私が感じた「反日の哀れさ」、一体何のため?考えてみるとおかしくなってくる―中国ネットユーザー

2014年4月12日、中国のインターネット掲示板に「反日の哀れさ」についてつづった文章が掲載され、多くのネットユーザーが注目している。以下はその概要。

どうして子どものころ私が理解していた日本人は、“鬼”のようだったのか。人間性がなく、狂気じみており、精神に異常をきたした人と同じように恐ろしかった。周りには日本人を良く言う人はおらず、耳に入ってくるのは「小鬼子」「死すべき島国」などの言葉ばかりだった。

中国では、おそらく多くの人が私と同じ経験をしているだろう。抗日戦争の勝利から現在まで、われわれの憎しみは深く根を張っている。現在でも、抗日ドラマが放送されている。無数の中国人が「日本を根絶やしに」と叫ぶさまは、すでに一種の文化にすらなっている。

しかし、それは病的な文化だ。このことは、日本人は多くの中国人の目に、依然として恐ろしい存在だと映っていることを示している。しかし、「反日」は何も 変えられない。1日中日本製品ボイコットを叫んだところで、使うものは使う。永遠の恨みはなく、あるのは永遠の利益なのだ。

釣魚島(尖閣諸島)の事件のとき、物寂しく哀れに感じたことを覚えている。群衆が口々に反日を叫びながら日本車や日系の店を破壊していった。怒りに我を忘れた若者たちは、自分たちはすごいことをやっているのだと考えていたのではないか。

私はそんな彼らに問いたかった。「意味があるのか?自分の金で買ったものは、すでに自分のものになっている。壊して損をするのは誰なのか。中国人ではない か。もうかるのは誰か。君たちが憎んでいる日本人ではないか」。壊してはまた日本製品を買う中国人を哀れに思わずにはいられなかった。

子どものころから親や教師やテレビに感化され、私も同じように日本を憎んでいた。しかし、2010年以降、日本についての情報が増えるにつれ、私の考え方 は次第に変わっていった。何が良くて何が悪いのか。一体何のために死んで何十年にもなる旧日本兵を恨んでいたのか。考えてみるとおかしくなってくる。おそ らく一部(多数かもしれない)の人間は、本当に現代の日本人にかなわないだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000005-rcdc-cn&pos=2


民族的な感情から日本を避けていた私が、日本を訪れてみたくなった理由―中国ネットユーザー

2014年4月1日、教育関係の仕事をする中国人女性が、インターネット上に「私が日本を訪れてみたくなった理由」と題する文章を掲載した。以下はその概要。

日 本は民族的な感情からずっと旅行を避けていた国だった。日本に行ったことがある人たちはみな美しい言葉でこの国をほめたたえるが、骨の髄にはぬぐい去れな い歴史の記憶が刻まれていた。実はこうした考え方がとても狭隘であるとわかってはいたのだが、深く根を張った観念は簡単には変えられない。

そんな状況で、私が日本へ行こうと思った一番の理由は、中国版ツイッター(微博)に掲載された文章だった。そこには、中国の小学生が日本の小学校を訪れ、現地の小学生と昼食をいっしょに食べる様子が書かれていた。私は日中両国の子どもの教育の差に深い驚きを感じた。

日本の子どもたちが小さいころから受ける「環境保護」や「自立」の教育は、どちらも中国の教育に欠けているものだ。私は中国版ツイッターで文章をシェア し、中国の親たちにこれを見て学ぶよう呼びかけた。私は中国はいつか変われると信じている。われわれが自らの欠点を見つめ、子の代、孫の代、ひ孫の代と改 善を重ねていけば、中国の未来はきっと良くなるはずだ。

中国人が敵視し、ボイコットし、見下している彼の国は、世界の経済大国なのだ。一方の中国はまだ発展途上国のグループのなかでもがいている。さらに言え ば、日本は経済以外にも人々の礼儀正しさや秩序、素養の高さでも世界にその名が知られている。「百聞は一見にしかず」。私は賛否両論があるこの国を自分の 目で確かめてみたくなったのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140412-00000006-rcdc-cn


「日本に行きたいけど、上司が『裏切り者』と言う」=悩めるユーザーに寄せられたアドバイスは―中国ネット


2014年4月14日、中国のインターネット掲示板に「私は日本に行きたいのだが、母親よりも年上の上司に『日本人を恨んでいないのなら、お前は裏切り者 だ』と言われた。どうすればいいか」と書き込まれ、多くのネットユーザーがさまざまなコメントを残している。以下はその一部。

「中国の老人は日本人に深い恨みを抱いている。これは仕方のないこと」
「自分で判断すればいい。歴史を胸に刻んでいれば、過度にこだわる必要はない」
「私も昔、同じことを言われた。気にすることはない。行きたければ行けばいい」

「老人の価値観に束縛される必要なし」
「自分の人生、後悔のないように!」
「他人の価値観に過ぎない。自分の考え方を確立すればいい」

「ばかを相手にすると、自分のIQも下がるぞ」
「春になったからいろんな人がいるのだ。自分の考えをしっかり持つことが一番大事だ」
「無視すればいい。いずれにせよ親ではないのだから、君に干渉する資格はない」

「私の周りにはそんなこと言う人いないけどなあ」
「日本に行ったことのない人は永遠に日本を理解できない」
「日本に行く人は多いよ。どこの国にも良い人と悪い人がいる。考え方が偏らなければいいのさ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140414-00000027-rcdc-cn


日本に滞在した南京人が見聞と感想、「売国奴と言われても・・」中国ネットは賛否両論

中国の「清明節」にあたる4月5日、南京市の南京大虐殺記念館では被害者の慰霊式典が大々的に行われた。中国の各メディアは式典について「12月13日が南京大虐殺犠牲者の国家公祭日と決定してから初めての清明節で、その意義は大きい」などと報じている。

また、日中政府間では、習近平国家主席が3月下旬にドイツで南京大虐殺の犠牲者数を「30万人以上」と発言したことを巡って激しい応酬があった。南京は日中対立の象徴の地となっている。

その南京のネットユーザーが最近、日本に関する文章をインターネット上に発表し、注目を集めた。

ネットユーザーは「南京人は日本に好感を持っていない。私も例外ではなく、日本は邪悪な国で、日本人はみな人食いの悪魔か野獣だと思っていた」というが、 日本の大学に招かれて1年余り滞在した経験で日本に対する見方が変わったという。文章は「漢奸(=売国奴)と非難されるかもしれないが、建前は抜きにし て、日本での見聞と感想を淡々と述べたい」と始まる。

文章はまず、日本で見かけた清掃人が「まったく汚れていないのに、隅々まで力を込めて働いていた」ことや、地下鉄の運転士が「駅に着くたびにいちいち時計を指さして時間を確認していた」といった自らの目撃談を並べ、「日本人は与えられた任務を真剣にこなす」と紹介する。

また、日本人が時間を厳守することについては「慣れてしまえば、仕事や約束など、すべてが正確に進む。みんなが時間を守れば、非常に効率的だ」と記す。日本人の環境意識の高さやマナーの良さ、治安の良さも称賛している。

強調されているのは、日本人の団体意識の強さや役割分担が明確な点だ。大学で、実験の材料を買いに行こうとした際に指導教諭から「貴重な時間を無駄にして はいけない」とたしなめられ、材料を事務員に取り寄せてもらった経験とともに、役割による貴賤の区別がないことを紹介し、「誰もが自分のポジションを持 ち、その仕事に尽力することで組織に貢献している」と高く評価。「日本人は1人では虫でも3人なら龍になる」と称賛する一方、「中国人は1人で龍でも3人 集まると騙し合いや擦り合いばかり」と嘆く。

最後は「一部政治家の言動を別にすれば、今の日本人と、第二次大戦中の(日本軍の)野蛮な行動を結び付けることはできない」などと指摘している。

この文章が発表された後、中国のネットユーザーからは「中国人は確かに文明が欠けるところがあるが、日本から学ぶ必要はない!」「日本は強盗も“真剣”に やるぞ」「日本人の表面に騙されてはいけない」などと反発する意見が寄せられる一方で、「自分も同じように思っていた」「良いものは学ぶべきだ」などと賛 同する意見も多く見られた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140416-00000010-xinhua-cn


四川大地震で日本人はこんなに助けてくれた!「知らなかった…」「あざ笑った韓国を忘れない」―中国ネット

2014年4月14日、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に「四川大地震で日本人がどれほど被災地を助けてくれたか」というスレッドがある。被災地 にいち早く駆けつけた日本の国際緊急援助隊の姿や、日本の全国各地で繰り広げられた一般市民や児童生徒による募金・支援活動の様子を写した画像が多数掲載 されており、今もなお数多くの中国人ユーザーがコメントを寄せている。そのいくつかを紹介する。

「泣けてくる」
「日本人よ、泣かせるなよ」
「こんなに日本中が救援活動してくれてたなんて、ちっとも知らなかった」

「中国メディアはなぜ教えないんだ!わざと隠してたのか?」
「中国と比べると恥ずかしいからじゃないの」
「報道してたよ。若いから見てないだけでしょ」
「東日本大震災のとき、中国の小中高生はこんなことしていないよね」

「今なら状況は違うんじゃない?」
「国際緊急救助隊の被災地入りは軍事機密を探るためっていううわさがあったよね」
「日本人は善良だよ。韓国人と違って」

「ほんとうにありがとう!(日本語で)」
「日中友好万歳!」
「日本には心から感謝します。四川大地震の時にあざ笑った韓国は絶対に許しません!」

「日本の指導者は大嫌いだけど、日本の国民は大好き」
「2ちゃんねる見ろよ。中国の悪口すごいぜ」
「日本に行ったことのない奴に日本を悪く言う資格はない!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140415-00000047-rcdc-cn